簿記への入り口T勘定


[動画はコチラ]

簿記への入り口が見つけられない方は

T勘定(ティーかんじょう)を理解すれば

他もわかりやすくなると思います。

 

今回は簿記の超・超・超・初心者の方向けの投稿です。

 

「簿記を始めてみようかな?」

と思ってテキストを開いてみたものの、

???…..無理っ」

と思ってすぐに閉じた方。

 

マーケティングを学びたくて商学部に入ったが、必須科目として簿記も付いて来た方。

 

「借方」「貸方」という言葉の意味がわからず止まってしまった方。

 

などなど、

 

簿記の超・超・超・初心者の方が「簿記」という、

“高い壁に囲われた世界”にすんなり入れる

“入り口”になる様に、

わかりやすい説明をご提供したいと思います。

 

あなたが今まで無縁だった簿記に出会ったのも大事なめぐりあわせ。

 

せっかく出会った以上、

簿記がどんなものか、

知っていただければと思います。

 

何故なら、

 

簿記を知るとビジネスの意味がしっかりわかるようになるからです。

 

世の中には数多のビジネスがあります。

大企業から個人ビジネスまで。

しかしその全てに簿記があります。

ビジネスは数字です。

数字を計測するのは何か。

そう、「簿記」です。

 

簿記が解らなくてもビジネスはできるかもしれません。

でも、それだと会社の数字の本当の意味が解らないまま会社を運営してしまうことになるでしょう。

他の会社の価値も正しくは理解できません。

新規投資案件の価値もあてずっぽうになります。

 

個人投資家ならそれでも良いかもしれませんね。

でも、

例えば従業員としてだったり、共同経営者としてだったり、

他の人と一緒にビジネスをやって行くなら、

 

「私、本当のところ、数字、解ってません」

という状態でビジネスに関わって行くのか、

自分が関わっているビジネスを数字で把握して行くのか、

価値の違いは明白だと思います。

 

なので簿記の資格を持っていたら就職にも有利です。

色々な資格がある中で、簿記ってとてもよく知られていますよね。

3級は十分に大きな価値ですよ。

合格したら履歴書に書いてくださいね。

 

なのでまずは、ここはひとつ、簿記を解っちゃおうじゃないですか!

 

「よっしゃ!」

という声が聴こえましたので(笑)

説明を始めさせていただきす。

 

簿記を既に解っている方がご覧になったら、違和感を感じる箇所があるかもしれません。

ですが、それは「簿記2.0」なりの説明の仕方です。

わかりやすくするために敢えてやっているんだな、とご理解ください。

 

簿記が解らない方がとにかく簿記の世界に入れるようにする!

ということを目指しています。

 

 

現金勘定

 

では本当にはじめます。

 

わかりやすくするために、敢えて会社ではなく、簡単にイメージできる個人のお金を題材にしてみましょう。

 

大学生でアルバイトをしている緑川さんという方を想定します。

緑川さんの今月1日からのお金の動きを簿記の考え方で捉えてみましょう。

単純化のために、所持金ゼロからスタートし、お金の受け払いは全て現金で行うこととします。

 

51日、バイト代¥10,000をもらった。

 

この出来事を簿記で使う「現金勘定」というものに記録していきます。

これが「勘定」、あるいは俗に「T勘定」というものです。

(T字型をしているからそう呼ばれます。)

そしてこれは現金の増減や残高を把握する(T)勘定ですので、

「現金勘定」と呼びます。

 

現金勘定では、

左に現金の増加を記入し、

右に現金の減少を記入することとします。

 

52日、食費に¥3,000使った。

現金が減りましたので右側に3,000と記入します。

日付と「バイト代」とか「食費」といった、現金増減の要因も記入していきます。

 

さて、今時点で現金は幾ら残っていますか?

 

そうです。

左側の金額から右側の金額を引いた7,000ですね。

 

続いて行きましょう。

 

53日、バイト代¥10,000をもらった。

(日給1万円、当日現金払いのバイトをしているイメージでお願いします。)

 

 

54日、洋服代に¥5,000使った。

さて、今時点で現金は幾ら残っていますか?

左側の合計¥20,000から右側の合計金額¥8,000を引いた¥12,000ですね。

 

続けます。

 

55日、バイト代¥10,000をもらった。

 

56日、食費に¥8,000円使った。

さて、今時点で現金は幾ら残っていますか?

左側合計¥30,000から右側合計¥16,000を引いた¥14,000ですね。

 

如何でしょうか?

T字型の現金勘定というものを用意して左側に増加額を、右側に減少額を記入する感じを掴んでいただけましたでしょうか?

 

現金の増加・減少が見やすい形でまとめられています。

その時点での現金残高もわかります。

(残高を計算するときにちょっと計算を要しますが、単純な足し算・引き算ですし、何より構造がシンプルにまとまっていますよね。)

 

現金以外の勘定

さて、ここまで現金勘定だけを眺めてきました。

現金の増減を現金勘定に記入しましたが、その要因としてメモした内容がありますよね?

「バイト代」とか「食費」とか「洋服代」です。

 

実は、これらについても勘定があります。

そして、簿記では、現金勘定に記入したと同時にそれらの勘定にも記入するんです。

 

どういう風にやるか、見てみてください。

 

いちばん最初の取引に戻ってやり直しますね。

 

51日、バイト代¥10,000をもらった。

バイト代勘定では増加を右側に記入し、減少があれば左側に記入することとします。

(増加・減少を左右どちらに記入するかについては、あるルールがあるのですが、それは追ってご説明しますね。今はどちらに増加・減少を記入するか、その都度お示しします。)

 

52日、食費に¥3,000使った。

食費勘定は左側に食費額の増加を示します。

 

 

53日、バイト代¥10,000をもらった。

54日、洋服代に¥5,000使った。

洋服代勘定も左側が洋服代の増加です。

 

 

55日、バイト代¥10,000をもらった。

 

 

56日、食費に¥8,000円使った。

まとめ

 

お疲れ様です。

 

いかがでしょうか?

 

T字型の勘定というものを項目ごとに用意して

右側か左側に記入するパターンを感じていただけましたでしょうか?

 

右側に増加額を書くのか、減少額を書くのかは勘定ごとにルールが決まっている、ということも感じ取っていただけたでしょうか?

(今はそのルールを覚えなくて構いません。勘定ごとのルールについては追ってご説明します。)

 

そして、どれかの勘定の右側に記入したら、別の勘定の左側に同額の記入をする、というパターンも感じ取っていただけましたでしょうか?

現金勘定にも右側に記入して、他の勘定にも右側に記入するパターンはありませんでしたよね?

現金に左、他にも左、というパターンもありませんでした。

いつも、現金勘定の右側に記入したら他の勘定では左側に記入しました。

現金が左の時は他の勘定は右でした。

簿記って、そういうものなんです。

 

今日は何かを暗記していただく必要はありません。

眺めて、「そうかぁ、、、」と思っていただければ十分です。

ただ、できれば何回か眺め直していただけると幸いです。

 

パンパカパーン!!!

 

おめでとうございます!!!

 

ここまでくれば簿記ワールドの入り口をくぐりました。

 

スッ!…と入れましたよね?

 

もう簿記ワールドの内側ですよ!

 

ではまた続きを書きますので楽しみにしていてください。

 

簿記3級まで行きましょう。

 

関連投稿

本屋さんで簿記の本とファイナンス関連本を眺めて思った事(雑記)

仕訳は簿記のパスポート

比べてみよう!BS・PL 〜 簿記の社会的意義

BS・PL、出来ました!

簿記スターターセット

解説動画+PDFテキスト

簿記スターターセット解説動画+PDFテキスト

 

簿記3級マスターコース

解説動画+PDFテキスト

 

 

LINE登録

QRコード

LINE限定で簿記学習サポート記事をお届けします。

完全無料です。

 

 

QRコードでLINEの友だちを追加

 

 

スマホのQRコードリーダーで読み取っていただくか、

あるいは

LINEアプリを起動して、

[その他]タブの[友だち追加]でQRコードをスキャンします。

 

LINEで友達に追加後、簿記学習サポート記事をお送りします。

サポート記事の配信はブロックする事でいつでも配信解除できます。

 

サポーター講師:藤井すすむ

@798vhpej

フォローと「いいね!」

メールマガジン登録


あなたの簿記学習をサポートする情報をお届けします。

藤井すすむ 簿記2.0 完全無料メールマガジン

登録はこちら

フォローと「いいね!」



完全無料メールマガジンに登録する

SNSでもご購読できます。

ブログ統計情報

  • 59,825 アクセス

フォローと「いいね!」

最近の投稿: 藤井すすむ 簿記2.0 ~ 藤井すすむ式簿記解説 ~

簿記問題の読み間違い・ケアレスミスへの対策+簿記勉強法

みなさんこんにちは!藤井すすむです。   今回の投稿は   「簿記問題の読み落とし・読み間違い・ケアレスミスへの対策」   についての記事であると同時に   「簿記勉強法・簿記学力向上法」   についてご説明しています。 […]

でんさい とは? 電子記録債権・電子記録債務 簿記での仕訳・勘定科目

電子記録債権(債務)とは、電子債権記録機関(でんさいネット等)の記録原簿に債権(債務)発生の記録を行うことで発生する債権(債務)です。勘定科目や仕訳など、簿記での処理についてご説明します。

クレジット売掛金とクレカ会社への手数料の簿記仕訳をわかりやくすく

クレジット売掛金とクレカ会社への手数料の簿記仕訳をわかりやくすくご説明します。
なぜクレジットカード会社に手数料を支払うのでしょうか?
自分がクレカ決済を導入して何かを販売しする業務に関わっていないと解りにくい場合があるのではないかと思いましたのでまとめました。

私も読者様も3級満点合格!!

「藤井様のブログ、スマホで一問一答を勉強し、無事先月の簿記三級に満点合格出来ました。ありがとうございました」という嬉しい感謝のお言葉をいただきました。私も辛うじて満点合格できました。実際に受けてみて、皆さんと同じ緊張感を感じることができましたし、満点合格したことで簿記のことを伝えていくモチベーションが更に高まりました。

簿記のやりがい〜経理は経営管理の仕事を通じて会社のリーダーとしての役割が期待される

経理は会社のリーダーになれます。
短期的利益だけでなく長期的成長を考える経営マインドを持った経理が会社をリードしたら強いと思います。
簿記を勉強する先の話として、経理の役割、やりがい、オーナーシップ、リーダーシップについて書きました。

簿記資格って必要なの?実務と勉強はちがう?!

これから簿記を勉強しようと思っている簿記初学者や、資格試験を続けることに悩んでいる受験者に向けて「簿記・経理の知識は必要ですよ」というメッセージをまとめました。
1. 簿記3級の資格は仕事には必要か?という素朴な疑問
2. 実務と勉強は違うのか?
3.実務と勉強は違う、でもどっちも必要という事実
についてです。

簿記3級をとって良かった事〜Aさんのケース

経理部で働く20代後半女性Aさんがリアルに感じている「簿記を学んで良かったこと」を正直ベースのコメントでご紹介します。

試験の結果が全てではない理由

簿記の試験が終わり、燃え尽きている方もいるかもしれません。
でもここまで勉強し、試験にまで辿り着けた自分をまずは褒めてあげましょう!
3級の合格に必要な期間は2〜3ヶ月、100時間と言われていますが、
これは初学者の場合です。
2週目は格段に余裕が出てきます。諦めずに続けましょう。

諦めたらそこで試合終了

諦めなければ必ず合格できるのが簿記3級です。未経験からのスタートだったとしても諦めては駄目です。未経験で簿記3級の勉強をしていると、「自分には無理かもしれない」、「学生時代にやっていないから厳しい」と思う瞬間が何度もあるかもしれません。しかし、その時には「諦めたらそこで試合終了」と自分に言い聞かせましょう。

簿記を活かした就職 ~ 事業会社か会計事務所か

経理・会計系の労働市場は人手不足の状況にあるようです。
簿記を活かした就職 には会計事務所や一般企業の経理部など、いろいろな選択肢があります。
その就職先が提供する商品・サービスの価値や給与の額も考えて、色々な可能性を検討してみる事をお勧めします。

コメント

Comments are closed.

Follow by Email
YouTube
Instagram
にほんブログ村 資格ブログへ にほんブログ村 資格ブログ 簿記検定へ ブログランキング・にほんブログ村へ