簿記を活かした就職 ~ 事業会社か会計事務所か


経理・会計系はどこも人手不足

簿記を学ぶ方を対象とする就職サポートサービスがありますよね。

そういうサービスが発行している求人誌を手に取ってみました。

ページをめくると、募集企業のほとんど全てが会計事務所でした。

 

知り合いの会計事務所から聞いた話では、いま会計事務所では人員不足の状態にあるため、採用の条件として簿記資格の有無にはこだわってはいられないそうです。

簿記を知らない人でも、まず採用して、採用してから会計ソフトの使い方を教えつつ、必要な簿記知識も覚えてもらっているそうです。

 

そんな話を聞いてはいましたが、求人の数、冊子のページ数を目の当たりにして、改めて驚きました。

こういう状況であれば、簿記3級を持っていたら強いアドバンテージになりますよね。

 

ただ、

会計分野での人材不足は会計事務所に限ったことではないのです。

 

一般企業の経理部門もやはり人手不足の傾向にあります。

 

いくら会計システムの導入が進んでも、その運用を司るのは人間です。

社内ルールの設定や具体的な使い方を決めるのは人間ですし、

システムからのアウトプットを分析・解釈してレポートするのも人間です。

“AIに置き換わって経理の仕事が無くなる”

なんていう状況からはほど遠く、

一般企業の経理・財務部門でも大忙しの日々が続いています。

 

 

就職先選びは慎重に

当然のことですが、就職先は慎重に選んで欲しいと思います。

  • 会計系の上位資格を狙いたいから会計事務所に就職する
  • 会計を勉強したからその力を発揮するには会計事務所が最適

こういった考え方が本当に妥当かどうか?

それは、人によると思います。

是非、広い目で、就職先候補として一般の事業会社など、会計事務所以外も選択肢に入れて、じっくり考えてみる必要があるでしょう。

 

会計事務所であれば、数多くの会社の経理決算に触れることが出来ると思われます。

しかし、

それぞれのクライアントの意思決定に深く関与する機会は少ない(あるいは無い)でしょう。

(コンサルティング・サービスなら別ですが。)

 

一方、

事業会社に入れば、その会社の事業のみにフォーカスすることになります。

その代わりに、

その会社のビジネスに深く関与できます。

(あなたの積極性にもよりますが)

 

“会計事務所に勤めた方がその後の会計系資格の合格確率が上がる”という効果はあまり期待できないのではないかと思います。

  • 会計のプロである先輩が社内勉強会を開催してくれる
  • 試験が近い日には残業を免除してくれる

そういったメリットがあるのかどうか、、、

それは確認しないとわかりません。

 

仕事が忙しい時に、従業員の勉強時間を確保することによってお客様に迷惑をかけるわけにはいきません。

忙しい時でも残業せずに済むように沢山の人を採用している、なんていう会計事務所はありますかね?

あるとしたら、全体の人件費をその多い人数で分けあって、一人当たりの人件費を下げないと、価格競争に負けてしまいますよね。。。

なのでその辺りは確認をお願いしますね。

 

 

給与の額について

就職の相談やアドバイスでお給料の事を声高に言うことはあまり無いような気がします。

「お金は二の次。何が出来るようになりたいかが大切」

こういう意見はよく聞きます。

しかし、今日はお金の話もしましょう。

 

あなたはどこの会社あるいは事務所(以下、まとめて「会社」といいます)で働こうとも、結局、一生懸命全力で働くことになりますよね。

あなたは勤め先に貢献したいし、勤め先を通じて社会に貢献したいと思っていると思います。

しかしながら、

そんなあなたの全力の貢献に対して支払われる対価の額は、勤め先によって異なります。

 

需要と供給が合っておらず、あなたの貢献が需要に合っていないのなら、給与が安いのもしょうがないでしょう。

でも、

会社があなたに対して求めるニーズが同じで、それに対して、同じだけの価値を提供したとしても、払われる給与額は会社によって差があります。

 

それは、その会社が提供する商品やサービスに対して、顧客がどれだけの価値を感じるか、ということと関係します。

(あなたがやる経理の仕事は同じでも、会社が市場に提供する商品・サービスが異なる、ということを言っています。)

その会社が社会に提供する商品・サービスの付加価値が高ければ、高い価格で売れますから利益率が高いです。

そうであれば人件費を払う能力が高いのです。

 

他との差別化ができていなかったり、同品質の商品・サービスを提供する会社が沢山ある場合には価格競争になります。

そうすると人件費を沢山払う余力はなくなってきます。

なのでそういう会社にあなたが全力の貢献をしても、相対的に低い待遇しか得られない事になります。

つまり、その会社の商品・サービスには、他に代わりがいくらでもある、という事です。

 

であれば、社会が強く欲している価値を提供する企業、つまり高付加価値分野の企業に就職した方が、社会のためにもなるし、あなたへの還元も得やすいことになります。

 

 

選択肢をなるべく拡げて考えましょう

当たり前ですが、どんな就職先が良いかは結局人それぞれの価値観によりますよね。

会計を手段として使うのではなく、会計をゴールにする人もいて良いでしょう。

“今までにない会計サービスを提供するんだ!”という意気込みを持って会計分野に行くのもとても良い事です。

一方で、

会計知識を手段としてビジネスに活かし、会計そのものではなく、会計が扱うその先のビジネスに力を注ぐ、というのもとても良い事です。

 

それと、

“給与をいくら貰えることになるのか?”

これは重要な情報です。

採用されて入社する際の給与は採用試験合格の後わかりますよね。

しかし、会社は今の給与しか約束できないでしょうから先の給与は示すことができません。

どんな大企業でも終身雇用を約束することは難しい時代です。

「会社への貢献が高ければ給与も上がります」

という説明はあるでしょうが、いくらくらいまで上がるのか?

これはなかなか聞けませんよね、実際は。

好印象を崩さずに聞けたら良いですけどね。

私なら、噂や雑誌やネットの情報、その会社のお金の使い方、雰囲気等、取れる範囲でなるべく多くの情報を集めて、総合的に判断します。

 

もちろん、給与が高く、社会からのニーズは高くとも、好きになれない業種や会社もありますよね。

あるいは、

給与が高いことは解っているし、高付加価値サービスを提供していることも解っているが、残念ながら残業が滅茶苦茶多いことも解っている、、、なんていう場合もあります。。。

資格の勉強を続けたい場合には、そのための時間を確保出来ないのは考えものですよね。。。

 

就職の価値観は人それぞれですが、いろいろな就職がありますから、選択の幅をなるべく拡げて考えてみる事をお勧めします。

 

 

 

LINE登録

QRコード

LINE限定で簿記学習サポート記事をお届けします。

完全無料です。

 

QRコードでLINEの友だちを追加

 

 

スマホのQRコードリーダーで読み取っていただくか、

あるいは

LINEアプリを起動して、

[その他]タブの[友だち追加]でQRコードをスキャンします。

 

LINEで友達に追加後、簿記学習サポート記事をお送りします。

サポート記事の配信はブロックする事でいつでも配信解除できます。

 

サポーター講師:藤井すすむ

@798vhpej

フォローと「いいね!」

メールマガジン登録


あなたの簿記学習をサポートする情報をお届けします。

藤井すすむ 簿記2.0 完全無料メールマガジン

登録はこちら

フォローと「いいね!」



完全無料メールマガジンに登録する

SNSでもご購読できます。

ブログ統計情報

  • 85,361 アクセス

フォローと「いいね!」

最近の投稿: 藤井すすむ 簿記2.0 ~ 藤井すすむ式簿記解説 ~

簿記問題の読み間違い・ケアレスミスへの対策+簿記勉強法

みなさんこんにちは!藤井すすむです。   今回の投稿は   「簿記問題の読み落とし・読み間違い・ケアレスミスへの対策」   についての記事であると同時に   「簿記勉強法・簿記学力向上法」   についてご説明しています。 […]

でんさい とは? 電子記録債権・電子記録債務 簿記での仕訳・勘定科目

電子記録債権(債務)とは、電子債権記録機関(でんさいネット等)の記録原簿に債権(債務)発生の記録を行うことで発生する債権(債務)です。勘定科目や仕訳など、簿記での処理についてご説明します。

クレジット売掛金とクレカ会社への手数料の簿記仕訳をわかりやくすく

クレジット売掛金とクレカ会社への手数料の簿記仕訳をわかりやくすくご説明します。
なぜクレジットカード会社に手数料を支払うのでしょうか?
自分がクレカ決済を導入して何かを販売しする業務に関わっていないと解りにくい場合があるのではないかと思いましたのでまとめました。

私も読者様も3級満点合格!!

「藤井様のブログ、スマホで一問一答を勉強し、無事先月の簿記三級に満点合格出来ました。ありがとうございました」という嬉しい感謝のお言葉をいただきました。私も辛うじて満点合格できました。実際に受けてみて、皆さんと同じ緊張感を感じることができましたし、満点合格したことで簿記のことを伝えていくモチベーションが更に高まりました。

簿記のやりがい〜経理は経営管理の仕事を通じて会社のリーダーとしての役割が期待される

経理は会社のリーダーになれます。
短期的利益だけでなく長期的成長を考える経営マインドを持った経理が会社をリードしたら強いと思います。
簿記を勉強する先の話として、経理の役割、やりがい、オーナーシップ、リーダーシップについて書きました。

簿記資格って必要なの?実務と勉強はちがう?!

これから簿記を勉強しようと思っている簿記初学者や、資格試験を続けることに悩んでいる受験者に向けて「簿記・経理の知識は必要ですよ」というメッセージをまとめました。
1. 簿記3級の資格は仕事には必要か?という素朴な疑問
2. 実務と勉強は違うのか?
3.実務と勉強は違う、でもどっちも必要という事実
についてです。

簿記3級をとって良かった事〜Aさんのケース

経理部で働く20代後半女性Aさんがリアルに感じている「簿記を学んで良かったこと」を正直ベースのコメントでご紹介します。

試験の結果が全てではない理由

簿記の試験が終わり、燃え尽きている方もいるかもしれません。
でもここまで勉強し、試験にまで辿り着けた自分をまずは褒めてあげましょう!
3級の合格に必要な期間は2〜3ヶ月、100時間と言われていますが、
これは初学者の場合です。
2週目は格段に余裕が出てきます。諦めずに続けましょう。

諦めたらそこで試合終了

諦めなければ必ず合格できるのが簿記3級です。未経験からのスタートだったとしても諦めては駄目です。未経験で簿記3級の勉強をしていると、「自分には無理かもしれない」、「学生時代にやっていないから厳しい」と思う瞬間が何度もあるかもしれません。しかし、その時には「諦めたらそこで試合終了」と自分に言い聞かせましょう。

簿記を活かした就職 ~ 事業会社か会計事務所か

経理・会計系の労働市場は人手不足の状況にあるようです。
簿記を活かした就職 には会計事務所や一般企業の経理部など、いろいろな選択肢があります。
その就職先が提供する商品・サービスの価値や給与の額も考えて、色々な可能性を検討してみる事をお勧めします。

コメントをどうぞ

Follow by Email
YouTube
Instagram
にほんブログ村 資格ブログへ にほんブログ村 資格ブログ 簿記検定へ ブログランキング・にほんブログ村へ