本屋さんで簿記の本とファイナンス関連本を眺めて思った事(雑記)


先日、丸の内の大きな本屋さんに行ってきました。

 

トラフィックの多い一階の売り場にはビジネス関連の書籍がズラリと並んでいます。

 

そこで驚いたのは、

簿記の教科書や問題集がかなり大きなスペースを使って大量に陳列されていたことです。

 

やはり丸の内のビジネスパーソンには

簿記の重要性・必要性が認識されてるんでしょうね。

 

売れるからこそ、あんなに家賃の高いスペースに大量に並んでいるのでしょう。

 

 

次にもうひとつ気になったのは、

簿記の教科書ではないファイナンス系(会計・財務系)の本が

これまた沢山並んでいたことです。

 

みんな「ファイナンスが解っていないとこれからの仕事人生キビしいな・・・」といった問題意識を抱えて本屋さんに行くのでしょう。

そしてきっと、

一旦は「簿記」の教科書の陳列棚の前にも立ってみるんだと思います。

 

でも、

「簿記」か、、、やっぱハードル高っ!

ってなっちゃうんでしょうね。。。

 

そして、

アメリカの大学のファイナンス授業を読み物にした本とか、

“デキるビジネスパーソンが読むべき、会計センスをサクっと磨く本”

といった趣旨の本を手に取るんだと思います。

 

 

私も何冊か手にとってパラパラとページを捲ってみました。

簿記のエッセンス的な事が書かれていました。

 

書かれていましたが、、、

 

これを読んだだけの人が

「私、ファイナンスの事、解ってます」

と自信を持って言える様になるのかな?

と、思ってしまいました。

 

 

もちろん、こういう本も有用だと思います。

簿記を勉強するだけでなく、こういう本も読んで、いろいろな角度から会計やビジネスを見つめ直すのはとても良いことです。

 

でも、、、

 

簿記が解らないままで、そういう会計のエッセンス本だけを読んだとしても、、、

ちょっと土台が弱いかな?と思ってしまいました。

 

エッセンス本だけでも読めば、とりあえず何かは建つでしょう。

しかし、それは砂の上に建っている様な不安定さを否めません。

もちろん、目的がファイナンスを理解する事なのであれば、と言う前提で申し上げています。

 

会計の解らない旧友と飲みにいったときに

「借方がさぁ」とか

「なんだかんだいって負債比率がさぁ」とか、

効果音の様に会話に織り交ぜてみることはできるかもしれませんが、

本格的な会計の議論を仕事で展開できるレベルに、果たしてなるのだろうか?

そう思ってしまいました。。。

 

ですからやっぱり、

やっぱり簿記ですよね。

 

名前が愛くるしいじゃないですか、

「簿記」。

逆にお洒落です。

 

「甲商店が商品Aを売り上げ、代金は掛けとした」

といった問題文も、、、シビれます。

最高です。

 

「商店」って、

ミッドタウンとかヒルズとかの渋い店舗についていそうなネーミングですよね?

(今までは「個人商店」を前提としていましたが、2019年度改定後の3級では「小規模の株式会社」を前提とする学習に変わってしまうそうですが。)

 

簿記の勉強は紙とペンと電卓が必要ですから、

全てをスタバでmac book で、というワケにもいきません。。。

 

ハーバードのファイナンスなんとか、みたいな本をスタバで読みたくもなります。

 

読みましょうよ。それも読みましょう。

 

でも!!!

 

簿記も是非やっていただきたいんです。

 

簿記をやるとやらないとじゃファイナンスを理解する効果が全然違いますから。

 

ファイナンスっていうのはビジネスの基本です。

良い価値を社会に提供し続けるには、持続可能な経営体質を維持・高揚するために財務をキチンと管理しなければんらないんです。

 

そのために、経理部員もそれ以外の社員も、皆会計を理解していたら経営効率がグッと増幅します。

 

そういった意味で、簿記が解っていたら、これからの仕事人生の意味合い・提供できる価値が全く異なってきます。

 

 

過去に簿記に挑戦したけど挫折した方、あるいは、

過去に簿記に挑戦しようとしたけどやめといた、という方、

いらっしゃいますか?

 

沢山いらっしゃいますよね?

 

そういった方も、一緒に簿記3級に合格するレベルまでお連れしたいと思っています。

 

とっつきにくい簿記を

わかりやすくお伝えしたいです。

 

「簿記」「商店」「掛け」「たなおろし」「当座預金」、こういった渋いワードの数々の向こう側に広がる世界を見ていただきたいです。

 

先ほど、スタバでは難しいと申し上げましたが、ちょっと言いすぎました。

スタバで電卓打ちまくったらひんしゅくを買うかもしれませんが、

簿記だって紙とペンと電卓がなくても勉強できる部分が沢山あります。

なので、そういう部分をスマホで勉強できるようにコンテンツをご用意しています。

 

「スマホで一問一答」シリーズがそれです。

 

特別なアプリをダウンロードする必要もありません。

 

このあたりはスタバでmacでバッチリ勉強していただけます。

 

海を眺めながらビーチサイドでも勉強していただけます。

 

最近は3級試験過去問レベルの総仕上げ的な想定問題をブログにアップすることが多いですが、結構、量的にも質的にもこれだけやれば受かると思えるレベルまで来ましたので、

もっと簿記の世界に入ろうかどうしようか迷って二の足を踏んでいる方を簿記の世界に誘う様な投稿も増やしていきたいなと思います。

 

既に投稿した中では、目次の中で

01_簿記ってそもそも

02_簿記と歩む人生

03_簿記一巡

に入っている投稿がお読みいただきやすいかと思います。

 

とはいえ、もっとわかりやすくできるのではないかとも感じていますので、

その辺りを充実していきたいと思っています。

 

どうしても馴染みの無い単語が多く出て来ますので。。。

その辺りを噛み砕いていきたいと思います。

 

数字が苦手な人、

経済やビジネスの話に特段興味を持たずここまで来た方、

 

そんな方にも解っていただける様にしたいと思います。

そして、

数字が得意な方、経済・ビジネスに詳しい方、そんな方には、

もっとサクッと3級に合格していただける様なテキストや問題解説をご提供していきたいと思います。

 

そんなわけで、今日は簿記に関する雑記でした。

 

大きな本屋さんに行って、色々気持ちを新たにしたので、そんなテンションで想いを書き綴って見ました。

 

ではでは。

 

関連投稿

簿記への入り口T勘定

LINE登録

QRコード

LINE限定で簿記学習サポート記事をお届けします。

完全無料です。

 

QRコードでLINEの友だちを追加

 

 

スマホのQRコードリーダーで読み取っていただくか、

あるいは

LINEアプリを起動して、

[その他]タブの[友だち追加]でQRコードをスキャンします。

 

LINEで友達に追加後、簿記学習サポート記事をお送りします。

サポート記事の配信はブロックする事でいつでも配信解除できます。

 

サポーター講師:藤井すすむ

@798vhpej

フォローと「いいね!」

メールマガジン登録


あなたの簿記学習をサポートする情報をお届けします。

藤井すすむ 簿記2.0 完全無料メールマガジン

登録はこちら

フォローと「いいね!」



完全無料メールマガジンに登録する

SNSでもご購読できます。

ブログ統計情報

  • 60,450 アクセス

フォローと「いいね!」

最近の投稿: 藤井すすむ 簿記2.0 ~ 藤井すすむ式簿記解説 ~

簿記問題の読み間違い・ケアレスミスへの対策+簿記勉強法

みなさんこんにちは!藤井すすむです。   今回の投稿は   「簿記問題の読み落とし・読み間違い・ケアレスミスへの対策」   についての記事であると同時に   「簿記勉強法・簿記学力向上法」   についてご説明しています。 […]

でんさい とは? 電子記録債権・電子記録債務 簿記での仕訳・勘定科目

電子記録債権(債務)とは、電子債権記録機関(でんさいネット等)の記録原簿に債権(債務)発生の記録を行うことで発生する債権(債務)です。勘定科目や仕訳など、簿記での処理についてご説明します。

クレジット売掛金とクレカ会社への手数料の簿記仕訳をわかりやくすく

クレジット売掛金とクレカ会社への手数料の簿記仕訳をわかりやくすくご説明します。
なぜクレジットカード会社に手数料を支払うのでしょうか?
自分がクレカ決済を導入して何かを販売しする業務に関わっていないと解りにくい場合があるのではないかと思いましたのでまとめました。

私も読者様も3級満点合格!!

「藤井様のブログ、スマホで一問一答を勉強し、無事先月の簿記三級に満点合格出来ました。ありがとうございました」という嬉しい感謝のお言葉をいただきました。私も辛うじて満点合格できました。実際に受けてみて、皆さんと同じ緊張感を感じることができましたし、満点合格したことで簿記のことを伝えていくモチベーションが更に高まりました。

簿記のやりがい〜経理は経営管理の仕事を通じて会社のリーダーとしての役割が期待される

経理は会社のリーダーになれます。
短期的利益だけでなく長期的成長を考える経営マインドを持った経理が会社をリードしたら強いと思います。
簿記を勉強する先の話として、経理の役割、やりがい、オーナーシップ、リーダーシップについて書きました。

簿記資格って必要なの?実務と勉強はちがう?!

これから簿記を勉強しようと思っている簿記初学者や、資格試験を続けることに悩んでいる受験者に向けて「簿記・経理の知識は必要ですよ」というメッセージをまとめました。
1. 簿記3級の資格は仕事には必要か?という素朴な疑問
2. 実務と勉強は違うのか?
3.実務と勉強は違う、でもどっちも必要という事実
についてです。

簿記3級をとって良かった事〜Aさんのケース

経理部で働く20代後半女性Aさんがリアルに感じている「簿記を学んで良かったこと」を正直ベースのコメントでご紹介します。

試験の結果が全てではない理由

簿記の試験が終わり、燃え尽きている方もいるかもしれません。
でもここまで勉強し、試験にまで辿り着けた自分をまずは褒めてあげましょう!
3級の合格に必要な期間は2〜3ヶ月、100時間と言われていますが、
これは初学者の場合です。
2週目は格段に余裕が出てきます。諦めずに続けましょう。

諦めたらそこで試合終了

諦めなければ必ず合格できるのが簿記3級です。未経験からのスタートだったとしても諦めては駄目です。未経験で簿記3級の勉強をしていると、「自分には無理かもしれない」、「学生時代にやっていないから厳しい」と思う瞬間が何度もあるかもしれません。しかし、その時には「諦めたらそこで試合終了」と自分に言い聞かせましょう。

簿記を活かした就職 ~ 事業会社か会計事務所か

経理・会計系の労働市場は人手不足の状況にあるようです。
簿記を活かした就職 には会計事務所や一般企業の経理部など、いろいろな選択肢があります。
その就職先が提供する商品・サービスの価値や給与の額も考えて、色々な可能性を検討してみる事をお勧めします。

コメント

コメントをどうぞ

Follow by Email
YouTube
Instagram
にほんブログ村 資格ブログへ にほんブログ村 資格ブログ 簿記検定へ ブログランキング・にほんブログ村へ