藤井すすむ 簿記2.0 簿記スターターセット 講義動画+PDF教材


「簿記を学びたい気持ちはあるけど、なぜか簿記の世界に入り込めず勉強が加速しない・・・」

 

そんな悩みを持つ方に向けて、簿記の大枠をわかりやすくご説明することがこのコースの目的です。

 

簿記の全体像を概観いただくことにより、その後の簿記の勉強がスムーズに進むことが期待できます。

 

簿記、特に簿記3級は、きちんと勉強して受験すれば合格のハードルはさほど高くありません。

 

しかし一方で、簿記の勉強を試みたものの、受験にたどり着けないまま挫折してしまった、という人も沢山いるのではないでしょうか?

 

簿記を勉強しようとテキストを手にしたが、内容に馴染めず辞めてしまった。。。

 

勉強を始めたが最初の暗記で挫折してしまった。。。

 

そういう人がたくさんいます。

 

かくいう私も、一度は簿記を諦めたひとりなのです。

(その後なんとか復活し、日商簿記1級、税理士簿記論に合格、上場企業の経理部長になりましたが。)

 

なので、簿記の勉強に馴染めない人や、勉強しても解らない人の気持ちがよくわかります。

 

一度挫折し、その後コツを掴んで復活した私だからこそ、その復活のプロセスを他の方にも共有したいと思い、このスターターセットの作成を決意しました。

 

簿記は、最初のハードルが高いと感じる人が多いと思います。

しかし、それを超えやすくする説明の仕方がありますので、それをこのスターターセットで実践しています。

 

では何故簿記なのか?

 

どうして簿記学習をサポートしようと思うのか?

 

それは、簿記が解ると、あなたが仕事に注ぐ大切な時間とエネルギーを、より大きな「価値」に変えることにつながるからです。

 

簿記を学べば仕事や会社を客観的な数値で把握することが出来る様になります。

 

経営者の観点で自分の仕事や会社の活動を見つめ直すことができます。

 

それは、より効率的な改善・改革につながっていくのです。

 

あなたの仕事や提案が会社のためになり、会社の仕事が社会のためになり、人々の生活により大きな価値がもたらされる。

 

そのプロセスをより効率的に行うために、簿記は役立ちます。

 

そのための第一歩として、まずは挫折したり飽きてしまう事無く、簿記の世界に入っていただくことが何としても必要なのです。

 

最初の暗記を極力減らし、もっとわかりやすく、自然と「理解」できる方法をこのコースで実践しています。

¥1,980 – 購入
フォローと「いいね!」

SNSでもご購読できます。

ブログ統計情報

  • 66,766 アクセス

フォローと「いいね!」

最近の投稿: 藤井すすむ 簿記2.0 ~ 藤井すすむ式簿記解説 ~

簿記問題の読み間違い・ケアレスミスへの対策+簿記勉強法

みなさんこんにちは!藤井すすむです。   今回の投稿は   「簿記問題の読み落とし・読み間違い・ケアレスミスへの対策」   についての記事であると同時に   「簿記勉強法・簿記学力向上法」   についてご説明しています。 […]

でんさい とは? 電子記録債権・電子記録債務 簿記での仕訳・勘定科目

電子記録債権(債務)とは、電子債権記録機関(でんさいネット等)の記録原簿に債権(債務)発生の記録を行うことで発生する債権(債務)です。勘定科目や仕訳など、簿記での処理についてご説明します。

クレジット売掛金とクレカ会社への手数料の簿記仕訳をわかりやくすく

クレジット売掛金とクレカ会社への手数料の簿記仕訳をわかりやくすくご説明します。
なぜクレジットカード会社に手数料を支払うのでしょうか?
自分がクレカ決済を導入して何かを販売しする業務に関わっていないと解りにくい場合があるのではないかと思いましたのでまとめました。

私も読者様も3級満点合格!!

「藤井様のブログ、スマホで一問一答を勉強し、無事先月の簿記三級に満点合格出来ました。ありがとうございました」という嬉しい感謝のお言葉をいただきました。私も辛うじて満点合格できました。実際に受けてみて、皆さんと同じ緊張感を感じることができましたし、満点合格したことで簿記のことを伝えていくモチベーションが更に高まりました。

簿記のやりがい〜経理は経営管理の仕事を通じて会社のリーダーとしての役割が期待される

経理は会社のリーダーになれます。
短期的利益だけでなく長期的成長を考える経営マインドを持った経理が会社をリードしたら強いと思います。
簿記を勉強する先の話として、経理の役割、やりがい、オーナーシップ、リーダーシップについて書きました。

簿記資格って必要なの?実務と勉強はちがう?!

これから簿記を勉強しようと思っている簿記初学者や、資格試験を続けることに悩んでいる受験者に向けて「簿記・経理の知識は必要ですよ」というメッセージをまとめました。
1. 簿記3級の資格は仕事には必要か?という素朴な疑問
2. 実務と勉強は違うのか?
3.実務と勉強は違う、でもどっちも必要という事実
についてです。

簿記3級をとって良かった事〜Aさんのケース

経理部で働く20代後半女性Aさんがリアルに感じている「簿記を学んで良かったこと」を正直ベースのコメントでご紹介します。

試験の結果が全てではない理由

簿記の試験が終わり、燃え尽きている方もいるかもしれません。
でもここまで勉強し、試験にまで辿り着けた自分をまずは褒めてあげましょう!
3級の合格に必要な期間は2〜3ヶ月、100時間と言われていますが、
これは初学者の場合です。
2週目は格段に余裕が出てきます。諦めずに続けましょう。

諦めたらそこで試合終了

諦めなければ必ず合格できるのが簿記3級です。未経験からのスタートだったとしても諦めては駄目です。未経験で簿記3級の勉強をしていると、「自分には無理かもしれない」、「学生時代にやっていないから厳しい」と思う瞬間が何度もあるかもしれません。しかし、その時には「諦めたらそこで試合終了」と自分に言い聞かせましょう。

簿記を活かした就職 ~ 事業会社か会計事務所か

経理・会計系の労働市場は人手不足の状況にあるようです。
簿記を活かした就職 には会計事務所や一般企業の経理部など、いろいろな選択肢があります。
その就職先が提供する商品・サービスの価値や給与の額も考えて、色々な可能性を検討してみる事をお勧めします。

Follow by Email
YouTube
Instagram