売上原価〜決算整理


みなさんこんにちは!

今日は売上原価について見ていきましょう。

 

さて、売上原価って何でしょうか?

 

仕入勘定で繰越商品を足したり引いたりして計算するアレです。

計算手続きにちょっとしたモヤモヤを感じている人も多いのではないでしょうか?

その気持ち、わかります。

私もそうでしたので。。。

 

計算手続きや仕訳の説明に入る前に、まずは売上原価の意味を再確認するところから始めましょう。

 

売上原価の意味

簿記でやりたい事のひとつは利益を計算する事ですよね。

損益計算書で収益から費用を引いて利益、つまり儲けを計算します。

収益費用=利益

 

そして収益の代表格売上です。

そして費用の代表格売上原価なのです。

 

売上以外の収益としては、例えば受取利息や固定資産売却益など、色々なものがあります。

また、売上原価以外の費用としては、例えば支払利息や有価証券売却損など、様々です。

しかし、ここでは一旦それらは無視して収益の構成要素は売上のみ、費用の構成要素は売上原価のみと仮定しましょう。

売上による利益を売上総利益といいますが、この売上総利益を算出するときは、順番があります。

まず、当期の売上を把握します。

そしてその次に、売り上げたものの原価を計算します。

 

つまり、売上原価には売り上げていないものを含んでいてはいけないのです。

 

当たり前のことではありますが敢えてご説明しますね。

当期に仕入れた金額をそのまま当期の売上から引いても正しい利益は算出出来ません。

何故ならば、

当期に売り上げたもの前期に仕入れたものである場合があるからです。これは期首の貸借対照表に繰越商品として載っていたものです。

これも売上原価を構成するのです。

 

⑵また、当期に仕入れたもの全てを売り切るケースばかりではないでしょう。当期に仕入れたものの一部は翌期以降に売り上げる事になります。

それらは売上原価を構成しないので、仕入勘定から差し引いて、期末の貸借対照表に繰越商品として計上し翌期に繰り越します。

なので、決算整理で売上原価を計算するために次の仕訳を切ります。

 

仕入 xxx / 繰越商品 xxx

     前期からの繰越商品を仕入に加算

繰越商品 xxx / 仕入 xxx

     翌期へ繰り越す分を仕入から減算

 

ここで、仕入勘定に加減算しているのは、便宜的に仕入勘定を用いて売上原価を計算しようとしているからです。

ですので、計算に用いる勘定科目は仕入勘定ですが、損益計算書では「売上原価」と表記します。

当期の売上原価ではない繰越商品は貸借対照表上で翌期に繰り越されます。

 

では説明はこのくらいにして簡単な問題例を見てみましょう。

 

問題

決算整理前の残高試算表において、繰越商品残高は200,000円(借方残)、仕入勘定残高は2,000,000円(借方残)だとします。

期末商品棚卸高が150,000円である場合、売上原価はいくらでしょうか。

 

・・・・・如何でしょうか?

先ほど仕入勘定の図をご覧いただきましたが、あれと同じように考えてくださいね。

 

では一緒に見てみましょう。

 

問題文より、決算整理前の仕入勘定は2,000,000円なので、これが当期に仕入れた商品の金額です。

しかし、前期から繰り越された商品も当期に売却しているので、これも売上原価を構成します。従って、これを仕入勘定に足し込みます。問題文より、決算整理前の繰越商品の額が200,000円とあるので、これが前期からの繰越商品です。

そして、それらの合計額を全て売ったわけではなく、売れ残りがあります。その額は問題文より150,000円です。これを売上原価から減算したいので、仕入勘定の右側(貸方)に計上します。

すると、仕入勘定は下記のようになります。(単位:円)

売上原価に関する決算整理仕訳は次のようになります。(単位:円)

 

仕入 200,000 / 繰越商品 200,000

繰越商品 150,000 / 仕入 150,000

 

この結果、売上原価は2,000,000円+200,000円-150,000円=2,050,000円と算出されます。

そして、決算整理の残高試算表上、繰越商品は150,000円となっており、これが翌期へ繰り越す分です。先ほどはサラッとスルーしましたが、決算整理の残高試算表上の繰越商品勘定は上記の決算整理仕訳を起こす前ですので、前期からの繰越商品の額を表しています。

仕入勘定は決算整理当期仕入高(2,000,000円)を示しており、決算整理売上原価(2,050,000円)を示すことになります。

さて、少し駆け足だったかもしれませんが、売上原価の意味と計算方法の基本的な部分をご理解いただけましたでしょうか?

 

売上原価に関連する他の項目としては、先入先出法・移動平均法等の商品単価計算方法や商品評価損、等があります。これらについてはまた別の投稿でお話しさせていただくことにしますね。

 

それでは今日はこの辺で!

LINE登録

QRコード

LINE限定で簿記学習サポート記事をお届けします。

完全無料です。

 

QRコードでLINEの友だちを追加

 

 

スマホのQRコードリーダーで読み取っていただくか、

あるいは

LINEアプリを起動して、

[その他]タブの[友だち追加]でQRコードをスキャンします。

 

LINEで友達に追加後、簿記学習サポート記事をお送りします。

サポート記事の配信はブロックする事でいつでも配信解除できます。

 

サポーター講師:藤井すすむ

@798vhpej

フォローと「いいね!」

メールマガジン登録


あなたの簿記学習をサポートする情報をお届けします。

藤井すすむ 簿記2.0 完全無料メールマガジン

登録はこちら

フォローと「いいね!」



完全無料メールマガジンに登録する

SNSでもご購読できます。

ブログ統計情報

  • 48,038 アクセス

フォローと「いいね!」

最近の投稿: 藤井すすむ 簿記2.0 ~ 藤井すすむ式簿記解説 ~

簿記問題の読み間違い・ケアレスミスへの対策+簿記勉強法

みなさんこんにちは!藤井すすむです。   今回の投稿は   「簿記問題の読み落とし・読み間違い・ケアレスミスへの対策」   についての記事であると同時に   「簿記勉強法・簿記学力向上法」   についてご説明しています。 […]

でんさい とは? 電子記録債権・電子記録債務 簿記での仕訳・勘定科目

電子記録債権(債務)とは、電子債権記録機関(でんさいネット等)の記録原簿に債権(債務)発生の記録を行うことで発生する債権(債務)です。勘定科目や仕訳など、簿記での処理についてご説明します。

クレジット売掛金とクレカ会社への手数料の簿記仕訳をわかりやくすく

クレジット売掛金とクレカ会社への手数料の簿記仕訳をわかりやくすくご説明します。
なぜクレジットカード会社に手数料を支払うのでしょうか?
自分がクレカ決済を導入して何かを販売しする業務に関わっていないと解りにくい場合があるのではないかと思いましたのでまとめました。

私も読者様も3級満点合格!!

「藤井様のブログ、スマホで一問一答を勉強し、無事先月の簿記三級に満点合格出来ました。ありがとうございました」という嬉しい感謝のお言葉をいただきました。私も辛うじて満点合格できました。実際に受けてみて、皆さんと同じ緊張感を感じることができましたし、満点合格したことで簿記のことを伝えていくモチベーションが更に高まりました。

簿記のやりがい〜経理は経営管理の仕事を通じて会社のリーダーとしての役割が期待される

経理は会社のリーダーになれます。
短期的利益だけでなく長期的成長を考える経営マインドを持った経理が会社をリードしたら強いと思います。
簿記を勉強する先の話として、経理の役割、やりがい、オーナーシップ、リーダーシップについて書きました。

簿記資格って必要なの?実務と勉強はちがう?!

これから簿記を勉強しようと思っている簿記初学者や、資格試験を続けることに悩んでいる受験者に向けて「簿記・経理の知識は必要ですよ」というメッセージをまとめました。
1. 簿記3級の資格は仕事には必要か?という素朴な疑問
2. 実務と勉強は違うのか?
3.実務と勉強は違う、でもどっちも必要という事実
についてです。

簿記3級をとって良かった事〜Aさんのケース

経理部で働く20代後半女性Aさんがリアルに感じている「簿記を学んで良かったこと」を正直ベースのコメントでご紹介します。

試験の結果が全てではない理由

簿記の試験が終わり、燃え尽きている方もいるかもしれません。
でもここまで勉強し、試験にまで辿り着けた自分をまずは褒めてあげましょう!
3級の合格に必要な期間は2〜3ヶ月、100時間と言われていますが、
これは初学者の場合です。
2週目は格段に余裕が出てきます。諦めずに続けましょう。

諦めたらそこで試合終了

諦めなければ必ず合格できるのが簿記3級です。未経験からのスタートだったとしても諦めては駄目です。未経験で簿記3級の勉強をしていると、「自分には無理かもしれない」、「学生時代にやっていないから厳しい」と思う瞬間が何度もあるかもしれません。しかし、その時には「諦めたらそこで試合終了」と自分に言い聞かせましょう。

簿記を活かした就職 ~ 事業会社か会計事務所か

経理・会計系の労働市場は人手不足の状況にあるようです。
簿記を活かした就職 には会計事務所や一般企業の経理部など、いろいろな選択肢があります。
その就職先が提供する商品・サービスの価値や給与の額も考えて、色々な可能性を検討してみる事をお勧めします。

コメント

コメントをどうぞ

Follow by Email
YouTube
Instagram
にほんブログ村 資格ブログへ にほんブログ村 資格ブログ 簿記検定へ ブログランキング・にほんブログ村へ