簿記を活かすのに必要な能力と2つのツール


簿記の次に身につけるべき事

簿記3級に受かったら、続けて

簿記2級まで勉強してしまう事をオススメします。

それはやはり、

私が企業の採用者として履歴書を見た時、

3級と2級では印象が大きく異なるからです。

 

2級を持っている方なら、

簿記の流れを包括的に解っているから、

仕事の理解のスピードや質も

より良いと期待します。

 

勿論、簿記はかじるだけでいい、むしろ

もっと違う事やりたい、

という方もいるでしょう。

それは人それぞれです。

 

ここでは、

日商簿記2級まで受かったものと仮定して、

その先を考えてみましょう。

日商2級に合格したら、

次はどうしましょう?

 

別の資格を目指しますか?

簿記1級、税理士、公認会計士、

中小企業診断士、などなど、、、

資格は色々あります。

 

あるいは、

 

資格には関係ないかもしれませんが、

ExcelPowerPointAccess

プログラミングなどもおさえておきたいところです。

 

特にExcelPowerPointは、

簿記1級や会計士等の資格を持っていたとしても

実務上必須だと思います。

 

というわけで、今回はまず、

ExcelPowerPointの必要性をお話しします。

 

 

ExcelPowerPointの必要性

正直なところ、たとえ簿記ができても、

Excelのセンスが無かったら

実際の仕事での評価はイマイチです。

 

各社それぞれに、なんらかの会計システムが導入されているでしょう。

そして、そこには様々なレポート機能が備わっています。

 

しかしながら、

担当者である貴方や、貴方の上司や経営層が見たいレポートは、

会計システムに備わったテンプレートに

ドンピシャリと合っているケースばかりではありません。

(むしろ稀にしか合っていません。)

 

例えば、同業他社との比較をするとしましょう。

他社情報は当社の会計システムに入っていないとします。

その場合はやはりExcelが必要になります。

 

Excelに自社の数字と他社の数字を並べて

金額や諸比率の差分を出すことになります。

 

ただ、ここで注意していただきたい事があります。

それは、

Excelで集計した数字をただズラっと報告しても

それを読んだ人には上手く伝わらない

という事です。

 

そもそも

Excelは画面をそのまま見せて共有するのには向かない

場面が多いです。

 

貴方はその数字をまとめ上げましたので

頭に入っています。

 

しかし、

これからその報告を受ける人は

今の今まで別の案件に脳を使っています。

上司は、さらにその上司に言われた事で

頭がいっぱいかもしれません。

営業系の人は、取引先との次のアクションについて考えているかもしれません。

 

そんな風に、

今の今まで他の仕事で忙殺されていた人が

パッと数字を見せられて、パッと解る

ように報告する必要があるのです。

 

ここで活躍するのがPowerPointです。

PowerPointは報告ツールとしてはスタンダードなので、

出来る人のパワポ資料を真似てでも、

伝わるプレゼンが出来る様になりましょう。

 

Excelの表はPowerPointの最後の方のスライドに添付し、

興味のある人だけがみれるようにします。

メインパートでは、貴方が作ったExcel表から、

説明したい項目をピックアップし、

それごとにスライドを作ります。

 

スライドごとにテーマを限定することで

関心を集中させます。

 

数字が苦手な人にもわかるように、

紙芝居を作ってあげるイメージです。

 

貴方が一生懸命作りあげた数字も、

見た人の頭の中に入っていかなければ

意味がありません。

 

なので、数字を作った後は、

それを伝える準備に時間を使う必要があります。

 

会社によっては、数字を作る専門の人と、

それを分析・報告する人と、

担当者が分かれているケースもあるでしょう。

 

しかし、そういう場合でも、

「今月の数字はどうだったの?」

とマネジメントから聞かれたら、

相手の脳にビジュアル・イメージを置きに行く感じを意識して、

クリアに説明したいですよね。

 

私がお伝えしようとしているのは、

簿記を身に付けた後、

それを活かすためには

「伝える力」

を身につけなければならない

という事です。

 

情報は伝わってこそ価値があります。

簿記は情報を伝える手段の一つです。

情報を伝えるには簿記以外の力も必要です。

ExcelPowerPoint情報を伝えるツールの一部です。

 

 

コミュニケーション力=伝える力

情報を伝えるために一番重要なのは、

普通に報告したって伝わらない

という意識を持つことです。

 

常に情報の受け手の頭の中をイメージし、

自分が情報を見せた時に相手の意識がどう推移するか

考えながら伝えることが重要です。

 

よく成果や成果物のことを

Deliverable(デリバラブル)

と言ったりします。

 

私なりの全く勝手な解釈ですが、

情報を受けた人が、次の人に伝えることができる

という状態があって初めて「成果」と言えるんだと思います。

 

あなたが報告した上司がそのまた上司に情報を渡すことができること

つまり、情報をデリバーできること

それが大事だと思います。

 

これは私の勝手な解釈ではありますが、

次の人に伝えやすい形で報告してこそ成果と認められる

そう信じて行動しています。

 

簿記資格は就職に有利だと思います。

しかし、就職した後、

簿記資格を持っているだけでは評価されません。

 

毎年度末、各部の部長は部員を評価します。

そして本部会議で部長が集まって部門間の評価調整会議をします。

その時に、

誰々さんは簿記資格を持っている

という事実は、コンピテンシーの一つとして、

評価のほんの一つの要素にしかすぎません。

 

成果として、その簿記の力をどう発揮したか

簿記の力をどう会社の成長に役立つ形でデリバーしたか

そういったことが問われます。

 

ここを突き詰めると、要は

コミュニケーション力が大事!!!

ということにたどり着きます。

 

ですので皆さん、

簿記を学んで、それを活かすために、

コミュニケーション能力を身に付けて発揮しましょう

というメッセージをお伝えしたいです。

 

そのコミュニケーション能力の一部として、

今日は次の3点を強調させていただきました。

相手の頭になって考える力(姿勢)

相手の脳に負担をかけることなく情報を伝える工夫をする力(思考)

そのために

ExcelやPowerPointを上手に使う力(2つのツール)

 

この諸点を極めていけば、

就職後のパフォーマンスもきっと良くなるはずです。

LINE登録

QRコード

LINE限定で簿記学習サポート記事をお届けします。

完全無料です。

 

QRコードでLINEの友だちを追加

 

 

スマホのQRコードリーダーで読み取っていただくか、

あるいは

LINEアプリを起動して、

[その他]タブの[友だち追加]でQRコードをスキャンします。

 

LINEで友達に追加後、簿記学習サポート記事をお送りします。

サポート記事の配信はブロックする事でいつでも配信解除できます。

 

サポーター講師:藤井すすむ

@798vhpej

フォローと「いいね!」

メールマガジン登録


あなたの簿記学習をサポートする情報をお届けします。

藤井すすむ 簿記2.0 完全無料メールマガジン

登録はこちら

フォローと「いいね!」



完全無料メールマガジンに登録する

SNSでもご購読できます。

ブログ統計情報

  • 60,446 アクセス

フォローと「いいね!」

最近の投稿: 藤井すすむ 簿記2.0 ~ 藤井すすむ式簿記解説 ~

簿記問題の読み間違い・ケアレスミスへの対策+簿記勉強法

みなさんこんにちは!藤井すすむです。   今回の投稿は   「簿記問題の読み落とし・読み間違い・ケアレスミスへの対策」   についての記事であると同時に   「簿記勉強法・簿記学力向上法」   についてご説明しています。 […]

でんさい とは? 電子記録債権・電子記録債務 簿記での仕訳・勘定科目

電子記録債権(債務)とは、電子債権記録機関(でんさいネット等)の記録原簿に債権(債務)発生の記録を行うことで発生する債権(債務)です。勘定科目や仕訳など、簿記での処理についてご説明します。

クレジット売掛金とクレカ会社への手数料の簿記仕訳をわかりやくすく

クレジット売掛金とクレカ会社への手数料の簿記仕訳をわかりやくすくご説明します。
なぜクレジットカード会社に手数料を支払うのでしょうか?
自分がクレカ決済を導入して何かを販売しする業務に関わっていないと解りにくい場合があるのではないかと思いましたのでまとめました。

私も読者様も3級満点合格!!

「藤井様のブログ、スマホで一問一答を勉強し、無事先月の簿記三級に満点合格出来ました。ありがとうございました」という嬉しい感謝のお言葉をいただきました。私も辛うじて満点合格できました。実際に受けてみて、皆さんと同じ緊張感を感じることができましたし、満点合格したことで簿記のことを伝えていくモチベーションが更に高まりました。

簿記のやりがい〜経理は経営管理の仕事を通じて会社のリーダーとしての役割が期待される

経理は会社のリーダーになれます。
短期的利益だけでなく長期的成長を考える経営マインドを持った経理が会社をリードしたら強いと思います。
簿記を勉強する先の話として、経理の役割、やりがい、オーナーシップ、リーダーシップについて書きました。

簿記資格って必要なの?実務と勉強はちがう?!

これから簿記を勉強しようと思っている簿記初学者や、資格試験を続けることに悩んでいる受験者に向けて「簿記・経理の知識は必要ですよ」というメッセージをまとめました。
1. 簿記3級の資格は仕事には必要か?という素朴な疑問
2. 実務と勉強は違うのか?
3.実務と勉強は違う、でもどっちも必要という事実
についてです。

簿記3級をとって良かった事〜Aさんのケース

経理部で働く20代後半女性Aさんがリアルに感じている「簿記を学んで良かったこと」を正直ベースのコメントでご紹介します。

試験の結果が全てではない理由

簿記の試験が終わり、燃え尽きている方もいるかもしれません。
でもここまで勉強し、試験にまで辿り着けた自分をまずは褒めてあげましょう!
3級の合格に必要な期間は2〜3ヶ月、100時間と言われていますが、
これは初学者の場合です。
2週目は格段に余裕が出てきます。諦めずに続けましょう。

諦めたらそこで試合終了

諦めなければ必ず合格できるのが簿記3級です。未経験からのスタートだったとしても諦めては駄目です。未経験で簿記3級の勉強をしていると、「自分には無理かもしれない」、「学生時代にやっていないから厳しい」と思う瞬間が何度もあるかもしれません。しかし、その時には「諦めたらそこで試合終了」と自分に言い聞かせましょう。

簿記を活かした就職 ~ 事業会社か会計事務所か

経理・会計系の労働市場は人手不足の状況にあるようです。
簿記を活かした就職 には会計事務所や一般企業の経理部など、いろいろな選択肢があります。
その就職先が提供する商品・サービスの価値や給与の額も考えて、色々な可能性を検討してみる事をお勧めします。

コメント

コメントをどうぞ

Follow by Email
YouTube
Instagram
にほんブログ村 資格ブログへ にほんブログ村 資格ブログ 簿記検定へ ブログランキング・にほんブログ村へ