簿記は言語!重要なコミュニケーションツール


みなさんこんにちは!

今日はケイタ君とハルちゃんの会話から始めます。

ではどうぞ。

 

良い会社・悪い会社

ケイタ「ねえねえ知ってる?あの会社、超ヤバいんだけど」

ハル「ブラック企業?」

ケイタ「の真逆、すごく良い会社でしょ」

ハル「良い方の『ヤバい』ね」

ケイタ「売上の増えっぷり、すごいよ」

ハル「ふ~ん。。。利益は?」

ケイタ「知らないけど、増えてるんじゃない?売上すごいし」

ハル「費用は?利益は?」

ケイタ「・・・そういうのは、、、よくわかんないけど・・・」

ハル「広告費つぎ込んでただ闇雲に売上伸ばしてるかもしれないじゃん」

ケイタ「・・・そういうことも、、、あるかもねぇ・・・」

(会話おわり)

 

というわけで、ケイタ君は会社のどこか一部だけの数値を見て「良い」とか「悪い」と評価しようとしたんですね。

やはり簿記の知識が無いと会社を正しく評価する基礎的知識が無いので、難しいですよね。

 

商品広告を穴の開くほど観たって、会社の本社ビルを眺めたって、良い会社かどうかなんて解りません。特に財務的な良し悪しは。。。

 

でも、財務的な良し悪しは会社の良し悪しですよね。

どんなに良い商品を作ったって、

どんなに良いサービスを提供していようとも、

どんなに良い社会貢献活動をしていたって、

継続的に利益を出せなければ、その良い活動を拡大することも継続することもできませんからね。

 

この財務的な良し悪しを伝える重要な資料は何でしょうか?

そう、私たちが学んでいる簿記で作る損益計算書や貸借対照表なのです。

 

実際の会社の損益計算書・貸借対照表を眺めてみよう

これまで簿記を勉強しているときには、一所懸命に仕訳を切って、試算表や損益計算書、貸借対照表を作成することに集中していますよね。

計算が合った!と思ったら次の練習問題に突入していますよね?

つまり、出来上がった損益計算書や貸借対照表を眺めて、その会社の状態を吟味するなんてことは普通しません。

これは財務分析という範疇に入るので、簿記の勉強では(少なくとも2級までは)しなくて良いですよ。

ただ、せっかく簿記を勉強しているんですから、簿記によって作られた損益計算書や貸借対照表の読者の気分を味わってみませんか?

それによって、なぜ自分が簿記をやっているのか、簿記がどういう風に使われるのか、より深く理解できるからです。

今日は以下のステップでやってみましょう。

 

●ステップ1

まず、ご自分の好きな会社を思い浮かべてください。

日本の上場企業が良いと思います。日本語の財務諸表がWebで観れるからです。

その会社のホームページから「投資家情報」とか「IR情報」とかの項目を探して「決算短信」とか「有価証券報告書」を探してください。

その中から損益計算書と貸借対照表を探します。

 

●ステップ2

そしたらそれらの数字を比べまくります。

例えば、

収益の大きさと費用の大きさの比率

資産の大きさと負債の大きさの比率

前期と当期の差(金額と%)

 

●ステップ3

もう一社、気になる会社の財務諸表を選び、その会社の財務諸表との差を比べまくってみます。

案外数字を見ても金額的実感が沸かず、理解が進まない場合もあると思います。

でも色々眺めて比べているうちに、それぞれの財務的な個性が違うことがじわじわとわかって来ます。

  • 総資産や総収入の大きさ
  • 負債が資産との見合いにおいて多いか少ないか
  • 費用が収益との比率で見て多いか少ないか
  • 前年や前々年との比較もしてみましょう。

こういうことが、経営者や投資家の人がやっている重要な分析の一つなのです。

 

たくさんの勘定科目が登場していても、まずは大項目からみていきましょう。

そして、少しずつ細かいレベルで眺めてみましょう。

わからない勘定科目についてはネット検索で調べてみたら良いと思います。

今はわかる範囲で良いですよ。無理する必要はありません。

雰囲気だけ味わえれば。

 

おわりに

この作業をやっていると、その会社の実態がちょっと見える気がしませんか?

広告や商品から受け取っていたイメージとは全然違う、いわばその会社の裸の姿が見えて来ます。

これはあなたが簿記を勉強していなかったら味わえなかった感覚です。

簿記をやったからこそ、その会社のことが伝わって来ました。

 

簿記は会社の状態を伝えるコミュニケーション手段です。

いわば、企業活動を伝える言語のようなものだと言えるでしょう。

 

 

関連投稿

簿記を活かすのに必要な能力と2つのツール

もくじ

 

 

LINE登録

QRコード

LINE限定で簿記学習サポート記事をお届けします。

完全無料です。

 

QRコードでLINEの友だちを追加

 

 

スマホのQRコードリーダーで読み取っていただくか、

あるいは

LINEアプリを起動して、

[その他]タブの[友だち追加]でQRコードをスキャンします。

 

LINEで友達に追加後、簿記学習サポート記事をお送りします。

サポート記事の配信はブロックする事でいつでも配信解除できます。

 

サポーター講師:藤井すすむ

@798vhpej

フォローと「いいね!」

メールマガジン登録


あなたの簿記学習をサポートする情報をお届けします。

藤井すすむ 簿記2.0 完全無料メールマガジン

登録はこちら

フォローと「いいね!」



完全無料メールマガジンに登録する

SNSでもご購読できます。

ブログ統計情報

  • 73,139 アクセス

フォローと「いいね!」

最近の投稿: 藤井すすむ 簿記2.0 ~ 藤井すすむ式簿記解説 ~

簿記問題の読み間違い・ケアレスミスへの対策+簿記勉強法

みなさんこんにちは!藤井すすむです。   今回の投稿は   「簿記問題の読み落とし・読み間違い・ケアレスミスへの対策」   についての記事であると同時に   「簿記勉強法・簿記学力向上法」   についてご説明しています。 […]

でんさい とは? 電子記録債権・電子記録債務 簿記での仕訳・勘定科目

電子記録債権(債務)とは、電子債権記録機関(でんさいネット等)の記録原簿に債権(債務)発生の記録を行うことで発生する債権(債務)です。勘定科目や仕訳など、簿記での処理についてご説明します。

クレジット売掛金とクレカ会社への手数料の簿記仕訳をわかりやくすく

クレジット売掛金とクレカ会社への手数料の簿記仕訳をわかりやくすくご説明します。
なぜクレジットカード会社に手数料を支払うのでしょうか?
自分がクレカ決済を導入して何かを販売しする業務に関わっていないと解りにくい場合があるのではないかと思いましたのでまとめました。

私も読者様も3級満点合格!!

「藤井様のブログ、スマホで一問一答を勉強し、無事先月の簿記三級に満点合格出来ました。ありがとうございました」という嬉しい感謝のお言葉をいただきました。私も辛うじて満点合格できました。実際に受けてみて、皆さんと同じ緊張感を感じることができましたし、満点合格したことで簿記のことを伝えていくモチベーションが更に高まりました。

簿記のやりがい〜経理は経営管理の仕事を通じて会社のリーダーとしての役割が期待される

経理は会社のリーダーになれます。
短期的利益だけでなく長期的成長を考える経営マインドを持った経理が会社をリードしたら強いと思います。
簿記を勉強する先の話として、経理の役割、やりがい、オーナーシップ、リーダーシップについて書きました。

簿記資格って必要なの?実務と勉強はちがう?!

これから簿記を勉強しようと思っている簿記初学者や、資格試験を続けることに悩んでいる受験者に向けて「簿記・経理の知識は必要ですよ」というメッセージをまとめました。
1. 簿記3級の資格は仕事には必要か?という素朴な疑問
2. 実務と勉強は違うのか?
3.実務と勉強は違う、でもどっちも必要という事実
についてです。

簿記3級をとって良かった事〜Aさんのケース

経理部で働く20代後半女性Aさんがリアルに感じている「簿記を学んで良かったこと」を正直ベースのコメントでご紹介します。

試験の結果が全てではない理由

簿記の試験が終わり、燃え尽きている方もいるかもしれません。
でもここまで勉強し、試験にまで辿り着けた自分をまずは褒めてあげましょう!
3級の合格に必要な期間は2〜3ヶ月、100時間と言われていますが、
これは初学者の場合です。
2週目は格段に余裕が出てきます。諦めずに続けましょう。

諦めたらそこで試合終了

諦めなければ必ず合格できるのが簿記3級です。未経験からのスタートだったとしても諦めては駄目です。未経験で簿記3級の勉強をしていると、「自分には無理かもしれない」、「学生時代にやっていないから厳しい」と思う瞬間が何度もあるかもしれません。しかし、その時には「諦めたらそこで試合終了」と自分に言い聞かせましょう。

簿記を活かした就職 ~ 事業会社か会計事務所か

経理・会計系の労働市場は人手不足の状況にあるようです。
簿記を活かした就職 には会計事務所や一般企業の経理部など、いろいろな選択肢があります。
その就職先が提供する商品・サービスの価値や給与の額も考えて、色々な可能性を検討してみる事をお勧めします。

コメントをどうぞ

Follow by Email
YouTube
Instagram
にほんブログ村 資格ブログへ にほんブログ村 資格ブログ 簿記検定へ ブログランキング・にほんブログ村へ