第152回日商簿記検定試験、わたしはこんな感じでした。


本日日商簿記検定試験を受けられたみなさん、

本当にお疲れ様でした。

私は日商簿記1級を過去に取ったのですが、「最近の試験会場事情を知らなければ」と思い、簿記3級を受けました。

合格者数定員制ではないのでご迷惑をおかけすることはないと思い、受けさせていただきました。

自分の投稿で「みなさん、落ち着いて頑張ってくださいね」なんて仙人面してアドバイス風な事を言っていたのですが、なんだか自分がすっかり緊張してしまいました。

試験会場に向かう途中から会場に着いて試験が始まるまで、Twitterでギャーギャーうるさくしてしまってすみません。

 

受験会場

大手予備校で検定試験を申し込めばその予備校で受けられる等、会場をある程度選ぶ方法はあるらしいですね。

知りませんでした。

 

私の場合、とあるビルの(全部では無く)数階に入った専門学校が会場だったのですが、なんか、学校というものに行ったのが久しぶりすぎて、あの椅子の感じとか、机の感じを十分予期できておらず、正直戸惑いました。

簿記試験のために会場を貸してくださってありがたい事なんですけどね。。。

トイレも少なくて、びっくりしました。

私たちは今日だけのことなので何とかなりますが、その専門学校のみなさんは普段大変な思いをされているんだな、と思ったり。

 

学費を上げればいくらでも良いビルに入居できるでしょうけど、なるべく学費を抑えて学生側の負担を少なくしてあげようという思いがあるのかもしれませんね。

 

ビルの利用者としては、トイレの数や質というのは重要ですが、ビルを選ぶときの「最優先事項かと言われれば、そうではない場合が多いですよね。

なので、ビルの所有者(その専門学校に貸す側)としては、限られた面積をトイレに使うか、居住スペースに使うか考えたときに、やはりどうしてもトイレは最小限にせざるを得ないのでしょう。

ここでもやはり、なるべく抑えた賃料で賃借ニーズに応えたいという貸し手側の気持ち、なんですかね?

 

違う階のトイレに行こうとしたのですが、エレベーターが来ないので非常階段で下の階に移動してみたら、その階はドアがロックされていて、非常階段側からは開かず!

 

別の階に行ったら幸いドアが開いていました。

やっとトイレに辿り着いたたら、そのトイレのドアに、

「教職員専用。生徒は使用禁止!!」

っていうデッカイ貼り紙が貼ってありました。

申し訳無い思いに苛まれ、なんだか校則違反をする学生の様な気分になりましたが、使わせていただきました。

 

生徒に十分なトイレ数を与えず教職員専用トイレを確保しているのか、

あるいは、

生徒の数と先生の数とを考えて、公平な数が割り当てられているのか、

どっちなんだろう?

 

そんな事が気になり始めました。

試験まであと数分だというのに。。。

 

「こりゃぁ毎日トイレの奪い合いだろうなぁ・・・」

考え出したら止まりません。

 

良い机+良い椅子+良いトイレ、だけど学費は高いというパターン。

それとも、

奥行き30cmの机+プロレスラーが反則で使うパイプ椅子+少なくて不衛生なトイレ、だけど学費は安いというパターン。

どっちが良いんだ?

 

つうか、そもそもこの専門学校、学費安いんだろうか?

安くなかったらフェアとは言えないな。。。

 

 

「試験の前には簿記の問題を解いて簿記頭・簿記脳のウォーミングアップをしておきましょう」

なんて自分の投稿では書いていたのに。。。

 

机と机の幅はマチマチで、超狭かったり、少しはマシだったりで。。。

「なんだかなあ、、、」

という思いが押し寄せて来ました。

「深呼吸しましょうね!」

なんて自分で言っていたので深呼吸してみたものの、効きめがあるような、無いような。

「なんか部屋の空気悪いなぁ」とか、

いろんな事が気になり始めちゃって。。。

 

試験開始

問題用紙や回答用紙を自分の分だけ取って後ろに回すんですけど、前や後ろに空席がかなりあって、みんな席を立ってテクテク歩いて取りに行ったり渡しに行ったりしました。

「あ、どうも~」って、みんな優しい感じで力を合わせて配布しました。

 

試験管の方が、「では前の壁の時計が12分になったら開始します。もう少々お待ちください」って仰るので皆さんその時計を凝視するんですが、どう見てもその時計、秒針が無いんですよ。

かと言って、1分ごとに長針が「カチャン」って動くタイプじゃ無くて、ジンワリ動くタイプのアレです。

「試験管さん、どうするんだろうな~」

なんて心の中で思っていたのですが、試験管さんは迷いなく、

「ハジメっ!!」

と開始の合図を出されました。

「どうやって12分ピッタリを判断したんだろう?」なんてことをぼんやり思いつつ、第1問めに突入しました。

 

第1問

1.は後で気付いて直したのですが、租税公課/当座預金という仕訳をなぜか当座預金/租税公課と貸借逆に書いてしまっていました。

3. は従業員が仮払金超えて立て替えるケースでしたが、このパターン、「スマホで仕訳一問一答」で用意してなかったなぁ、でも大丈夫と信じよう、と思いながら解きました。

4. は株式の発行です。新論点ですよね。簿記3級では「普通預金/資本金」というシンプルな仕訳が正解なんですけど、特に大会社の実務ではもっと色々な勘定科目が登場して、仕訳も複雑になるので、「あれ?これで本当に良いんだよね?」と戸惑ってみたりしました。(良いんですけどね)

5.は事務用ののオフィス機器¥550,000を、普通に考えれば備品ですし、備品で正解なのですが、「まさか消耗品費にしないよね?」という疑いの心が出てしまいました。

「50万円超えてれば、実務でも、、、無いよね。備品だね、ウンウン」という無駄な30秒を使いました。基本的には10万円を基準にすれば良いです。

 

第3問

第2問に行く前に配点の高い第3問に手を付けました。

計算用紙に仕訳全部書こうと判断しました。

正しい判断だったと思います。

「クレジット売掛金」は新論点ですよね。

なんとなく、自分の中で「クレカケキン」というニックネームが自然発生してきて、計算用紙には「クレX」と書きました。

普段売掛金を「X」と表記しているので、その延長です。

なんで「X」かというと、掛け算の「X」からでしょうか。

昔教わった簿記の先生がこう書かれていたので。

「差入保証金」も新論点ですよね。

まあ敷金をその勘定で処理すると覚えるだけですし、今回も登場する勘定科目の中でそれっぽいものを選べばこの科目に行き着いたかと思います。

 

第5問

第3問でそれなりに疲れたのですが、次はやはり配点の高い第5問に行きました。

第5問ではやはり新論点の消費税の処理(税抜方式)ですよね。

仮払消費税(資産)と仮受消費税(負債)を相殺し、

仮払消費税<仮受消費税の場合は、

差額は「未払消費税」となります。

あと、貸借対照表の貸借が合わず、焦りました。

一旦貸借一致しないまま他の問題に移ったので、モヤモヤが持続することになりました。

結局、見直しで発見できたのですが、

当期純利益を電卓上では85,700円と正しく計算していたのに記述が87,500円となっていて、それが原因でした。

「簿記ミスあるある」ですよね。

 

第2問

そして次は第2問に行きました。

土地の売却益の額を何回も検算するのに少し時間を使いました。

「土地、5月に買って10月に売って利益出たんだなぁ、損が出る問題より益が出る問題の方がやっぱ良いよな」

なんてどうでも良いことをボンヤリ考えながら解きました。

 

第4問

最後に第4問、

これは特段引っかかる箇所も無かった気がします。

本当にウッカリミス無いよね?という緊張はありましたが。

 

見直し

そしてこの後見直しをし、すでに述べたミスを発見し、修正しました。

検算や見直しでは電卓をバンバン使うわけですが、

私の机がガタガタ言ってて、電卓を机に置いて打つとやたら音がうるさいんですよ。

まさに「電卓威嚇射撃」になってしまうんです。

なので、あえてゆっくり打ってみたり、

机に置くとうるさいから右手で電卓を持って左手で叩いてみたり、

(そうするとかなりサイレントなので)

そんなこんなでした。。。

ダイソーで買った2個100円のmono消しゴムも大活躍で、

消しゴムのカスがどっさり出て。。。

床に落ちたら床が絨毯なので取りにくいだろうと思い、

消しゴムかすをコネコネし始めたりして。

「なんか昔より粘着感が少ないなぁ」

なんてまたどうでも良いことを考えたりして。。。

 

試験終了

で、試験終了の時間になったわけですが、

また試験管さん、迷い無く

ヤメっ!

と一喝。

ヤメっ!」って、なんか、懐かしい響きでした。

「試験終了の時間になりましたのでペンを置いてください」っていう感じのフレーズをなんとなく想定していたので、とても新鮮でした。

ヤメっ!

 

というわけで無事試験終了したわけですが、

過去問を家で自分のペースで解いているのと違うんですよね。

できる問題を間違えたくないという気持ちや、

なんとも言えない試験会場独特の緊張感と、

久々感とか、色々で、体や脳が硬直するわけです。

そんな緊張、不要なんですけどね。

でもその緊張感をこうして今日味わえて良かったです。

これくらい、あるいはもっと緊張される受験生はいて普通ですもんね。

でも、力が発揮できなかったとしても、あまりガッカリしないでくださいね。

また受ければいいんですから。

今日に勉強の照準が合わず、準備が足りなかった方も次受ければいい話です。

早く受かった方が他のことを心置きなくできますが、別にまたチャンスはあるんだし。

これ、ゴールじゃないですから。人生の1ステップです。

後になってみれば、152回で受かったか153回で受かったかなんて、全く関係無くなります。

今回うまく行かなければ次回頑張りましょう。それだけです。

でも、頑張って今回合格したっぽい方々、本当におめでとうございます!!

とりあえず皆さん、一旦緊張がほぐれましたね。

本当にお疲れ様でした!

明日から学校、会社の方も多いと思います。

週末十分休めなかったでしょうから、大変でしょうけど、頑張ってくださいね。

思いきり休めるのは来週末ですかね?

思いきり羽を伸ばしましょう。

ではでは、おやすみなさい^^

 

関連投稿

第152回日商簿記検定3級〜私の計算用紙の使い方と勘定科目の略し方

 

LINE登録

QRコード

LINE限定で簿記学習サポート記事をお届けします。

完全無料です。

 

QRコードでLINEの友だちを追加

 

 

スマホのQRコードリーダーで読み取っていただくか、

あるいは

LINEアプリを起動して、

[その他]タブの[友だち追加]でQRコードをスキャンします。

 

LINEで友達に追加後、簿記学習サポート記事をお送りします。

サポート記事の配信はブロックする事でいつでも配信解除できます。

 

サポーター講師:藤井すすむ

@798vhpej

フォローと「いいね!」

メールマガジン登録


あなたの簿記学習をサポートする情報をお届けします。

藤井すすむ 簿記2.0 完全無料メールマガジン

登録はこちら

フォローと「いいね!」



完全無料メールマガジンに登録する

SNSでもご購読できます。

ブログ統計情報

  • 48,009 アクセス

フォローと「いいね!」

最近の投稿: 藤井すすむ 簿記2.0 ~ 藤井すすむ式簿記解説 ~

簿記問題の読み間違い・ケアレスミスへの対策+簿記勉強法

みなさんこんにちは!藤井すすむです。   今回の投稿は   「簿記問題の読み落とし・読み間違い・ケアレスミスへの対策」   についての記事であると同時に   「簿記勉強法・簿記学力向上法」   についてご説明しています。 […]

でんさい とは? 電子記録債権・電子記録債務 簿記での仕訳・勘定科目

電子記録債権(債務)とは、電子債権記録機関(でんさいネット等)の記録原簿に債権(債務)発生の記録を行うことで発生する債権(債務)です。勘定科目や仕訳など、簿記での処理についてご説明します。

クレジット売掛金とクレカ会社への手数料の簿記仕訳をわかりやくすく

クレジット売掛金とクレカ会社への手数料の簿記仕訳をわかりやくすくご説明します。
なぜクレジットカード会社に手数料を支払うのでしょうか?
自分がクレカ決済を導入して何かを販売しする業務に関わっていないと解りにくい場合があるのではないかと思いましたのでまとめました。

私も読者様も3級満点合格!!

「藤井様のブログ、スマホで一問一答を勉強し、無事先月の簿記三級に満点合格出来ました。ありがとうございました」という嬉しい感謝のお言葉をいただきました。私も辛うじて満点合格できました。実際に受けてみて、皆さんと同じ緊張感を感じることができましたし、満点合格したことで簿記のことを伝えていくモチベーションが更に高まりました。

簿記のやりがい〜経理は経営管理の仕事を通じて会社のリーダーとしての役割が期待される

経理は会社のリーダーになれます。
短期的利益だけでなく長期的成長を考える経営マインドを持った経理が会社をリードしたら強いと思います。
簿記を勉強する先の話として、経理の役割、やりがい、オーナーシップ、リーダーシップについて書きました。

簿記資格って必要なの?実務と勉強はちがう?!

これから簿記を勉強しようと思っている簿記初学者や、資格試験を続けることに悩んでいる受験者に向けて「簿記・経理の知識は必要ですよ」というメッセージをまとめました。
1. 簿記3級の資格は仕事には必要か?という素朴な疑問
2. 実務と勉強は違うのか?
3.実務と勉強は違う、でもどっちも必要という事実
についてです。

簿記3級をとって良かった事〜Aさんのケース

経理部で働く20代後半女性Aさんがリアルに感じている「簿記を学んで良かったこと」を正直ベースのコメントでご紹介します。

試験の結果が全てではない理由

簿記の試験が終わり、燃え尽きている方もいるかもしれません。
でもここまで勉強し、試験にまで辿り着けた自分をまずは褒めてあげましょう!
3級の合格に必要な期間は2〜3ヶ月、100時間と言われていますが、
これは初学者の場合です。
2週目は格段に余裕が出てきます。諦めずに続けましょう。

諦めたらそこで試合終了

諦めなければ必ず合格できるのが簿記3級です。未経験からのスタートだったとしても諦めては駄目です。未経験で簿記3級の勉強をしていると、「自分には無理かもしれない」、「学生時代にやっていないから厳しい」と思う瞬間が何度もあるかもしれません。しかし、その時には「諦めたらそこで試合終了」と自分に言い聞かせましょう。

簿記を活かした就職 ~ 事業会社か会計事務所か

経理・会計系の労働市場は人手不足の状況にあるようです。
簿記を活かした就職 には会計事務所や一般企業の経理部など、いろいろな選択肢があります。
その就職先が提供する商品・サービスの価値や給与の額も考えて、色々な可能性を検討してみる事をお勧めします。

コメント

コメントをどうぞ

Follow by Email
YouTube
Instagram
にほんブログ村 資格ブログへ にほんブログ村 資格ブログ 簿記検定へ ブログランキング・にほんブログ村へ